お茶の梅酒

日本各地、今年は早くから降雪が多いですね。
自然には敵わない、とはいえ、やはり生活に支障を
きたして困ってしまいます。
あまり降らないで欲しいものです・・・

また、大量に雪が積もると、庭木も折れてしまいます。
降り積もった雪の重みもですが、樹木が軒下にある場合、
位置によっては、屋根から落ちてきた塊の雪の影響で
折れてしまいます。
お気を付けくださいませ。

まったく話はかわりまして、
ただいま忘年会シーズンですよね。
忙しすぎて、忘年会はなし!でも新年会はする!って
方もいらっしゃることと思います。
忘年会では無かったのですが、先月友人と、郷土素材料理を
戴いてきました。
その際、狭山茶の梅酒をメニューに見つけオーダー。
まろやかな口当たりでおいしかったです。
友人に、樹木屋の農園でもサヤマカオリの苗を売っていること
話しました。
樹木屋事務所ではベランダで「ヤブキタ茶」の茶摘みもしています。
話のタネにもなるお茶栽培です♪
141222-1.jpg

カテキンたっぷりお茶栽培をお庭で愉しんでください!
カテゴリーページはこちら→【お茶3品種あります】
141222-2.jpg


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
樹木屋ホームページでは、シンボルツリーをはじめ、
生垣用庭木、低木など各種取り揃えております↓↓
【シンボルツリー・庭木・植木総合サイト樹木屋】

農園の様子、旬の樹木のご紹介はメインブログを
ごらんください↓↓
【Jumokuya店長ブログ】
スポンサーサイト

庭木を使ってクリスマスリース作り

早ければ11月に入るとクリスマスの飾りで街のあちこちが
彩られますが、みなさまのご家庭では、クリスマスの飾りは
どうしていらっしゃいますか?

昨年、樹木屋のお客様から生花のリースを作って飾られている
お話を伺いました。
私もかつては雑誌の「花時間」などのリース特集を見ては、
あれも、これも作ってみたい!!と思っていました。
【花工房Orange】様で、以前アレンジメントを習っているときに、
生花ではないリースを幾つか作りましたが、リース作りは
とても楽しい時間です☆

141217-1.jpg

ですが、上の写真にあるように、リースを飾ろうものなら、
猫たちに破壊されてしまいます・・・
それでも、生花のリースを作って、玄関に飾りたいと毎年
思っています。
土台は、我が家の場合、藤木の木のツルが使えます。
土台だけ、100均ショップなどで購入し、お庭の木の枝を
利用するのも良いですね。
冬に実をつける樹木、アロニアだとかがあると、なお良し!
ほかにも、サルスベリの種のついた枝は冬の間も残りますので、
そういう枝を使うこともできます。
コニファーの枝葉の緑のところ、黄色のところを生かしたり、
生垣のトキワマンサクなどの緑や赤の部分を使ったり。
意外と家にある樹木で出来るものです!
【樹木屋:コニファー&仕立てを楽しむ庭木】

141217-2.jpg
藤の木のツルも、まだ葉が残っている部分↑が
使えると可愛いですよね。

とはいえ、今のところ、我が家の藤の木のツルの
使い道は、猫じゃらしですが・・・
141217-3.jpg

これはこれで、樹木のツルや草は我が家では活躍しています。
130429-1.jpg

130429-2.jpg

130429-3.jpg

今年はクリスマスリースは作れずにいるのですが、
お正月用のフラワーアレンジは、【花工房Orange】様で
作らせてもらう予定です!
花壇もクリスマス、お正月仕様に変えて、
寒さが厳しいこの季節も、お庭も、家の中も、
色鮮やかに明るくしたいですね。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
樹木屋ホームページでは、シンボルツリーをはじめ、
生垣用庭木、低木など各種取り揃えております↓↓
【シンボルツリー・庭木・植木総合サイト樹木屋】

農園の様子、旬の樹木のご紹介はメインブログを
ごらんください↓↓
【Jumokuya店長ブログ】

ドドナエアの鉢のあるジャズカフェ

本日のランチで出かけたお店の前には、
ポップブッシュ:プルプレア:ドドナエアの鉢植えがあります。
夏には莢がついていたので、雌株のドドナエアです。
農園のドドナエアは、すっかり赤銅色に変化しましたが、
場所が違えば、色も違いますね。
ポップブッシュはシンボルツリーとして植えたり、生垣風に
して植えたり。
常緑樹だけれど冬の寒さで葉の色が緑から赤銅色に
変化するのが魅力で、葉の形も細長く、圧迫感がないですよ!

ランチのお店は銀葉の鉢と並べて植えてあり、
葉色の対比がとても綺麗だなぁ、と前を通るたび思います。
以前はオリーブと並べていましたが、今日見たら別の鉢に
変わったようです。ドドナエアに気を取られ、なんの木か
見るの忘れてしまいました。
ちなみに、ここのチキンライスが好きです。

141210-1.jpg

昨日撮影した農園のポップブッシュ↓
鮮やかな赤銅色です。夏の緑葉もさわやかです!
141210-2.jpg




□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
樹木屋ホームページでは、シンボルツリーをはじめ、
生垣用庭木、低木など各種取り揃えております↓↓
【シンボルツリー・庭木・植木総合サイト樹木屋】

農園の様子、旬の樹木のご紹介はメインブログを
ごらんください↓↓
【Jumokuya店長ブログ】

冬花壇は明るく!

12月に入り、ぐっと冷えてきましたね。
先週末、暖かい週末はこれが最後かも!と慌てて
鉢植え花壇の土の入れ替え準備はじめました。

土台にプラスチックケースを置き(その中には不要な鉢を収納)
階段状の段差を作り、その上に鉢を設置した一角が庭にあります。
上段では初夏から秋まで朝顔やゴーヤを育てていました。
ここを冬は明るめの花苗をたくさん植えたいと思っています。

ちなみに下の写真は昨年12月初旬に植えた冬花壇。
上段にはお正月っぽく黒松やオタフクナンテンや葉ボタンを植え
中段には小さな鉢を並べて花苗を。(下段は小休止)
ポインセチアを外植えするなんて!と思われるかと思います。
我が家は家の中に植物を置くと猫たちに荒らされてしまうのと
ポインセチアは今の時期だけと割り切っているので、外植えです。
(下の写真は12月初旬に作った花壇の1月初旬頃の様子です)
141202-1.jpg

そして、先週末、初夏から秋まで利用した土を鉢から取り除きました。
皆様は入れ替えた土はどうしていますか?
我が家では、ブロックで作った深い頑丈な花壇を土の再生用として
樹木は植えずに土置き場にし、疲れた土を休ませて太陽とミミズで
再生させています。
141202-2.jpg

夏の花壇には、こんなのも↓入っていたりします。
141202-3.jpg

ひんやりして涼しいのでしょうね。
下段は、潰されても平気な丈夫なハーブを植えています。
うちの猫だけでなく、野良猫ちゃんも寝ていました。
(写真のクロネコは我が家の猫です)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
樹木屋ホームページでは、シンボルツリーをはじめ、
生垣用庭木、低木など各種取り揃えております↓↓
【シンボルツリー・庭木・植木総合サイト樹木屋】

農園の様子、旬の樹木のご紹介はメインブログを
ごらんください↓↓
【Jumokuya店長ブログ】
プロフィール

樹木屋スタッフ

Author:樹木屋スタッフ
愛知県の農園からシンボルツリー、庭木をお届けしています「樹木屋」のスタッフブログです。商品説明・ご注文は樹木屋サイト。商品のご紹介などは店長ブログ。ここはサブブログとして日常の樹木のお話など!
樹木屋サイトの運営管理事務スタッフは日本園芸協会「ガーデンコーディネーター」「薬草ガーデンマスター」を取得しています。

最新記事
月別アーカイブ
樹木屋カウンター
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR